お誕生日お祝い券で、、、毎年書いていますが、5月は結婚記念日とKENと私の誕生日があり、イベントもりもりでございます、笑。

今年は、たまたま誕生日に免許の更新をしに福岡まで電車で出かけたのですが、なんとか早めに終わったその帰り道、KENが「午後、モンベル行かない?」って言いだしました。
いつもの、トリアス久山のモンベルです。
ちょっと人疲れしていたのですが、やっと山に興味を示しだしたKENが言い出したので、何か買いたいものがあるのかな~と思いつつ、いったん帰宅して、久山方面へと車を出しました。


で、到着したモンベルの玄関を入ったところで、、、
KENから「お誕生日お祝い券」と書かれた封筒を渡されました。
いや~、大金が(我が家にとっての、笑)入っておりましたよ~っ!
「これで、何か買ったら?」だって~~~っ!
よっ、男前っ!がははは。

私はもうノリノリで売り場をうろちょろし、結局カッパと薄手のフリースをスタッフの方に選んでもらいました。
そのころ、いつもお世話になっているSonodaさんが裏手から現れて、、、
すぐにお誕生日お祝い券の話をしてしまいましたよ、あははは。

で、ついでに、KENのトレッキングブーツを見たいな~って言ったら、「フィッティングしてみますか?」とのこと。
「そうね、購入はまた後日でも、フィッティングだけはしてみようか。」って、恐る恐るKENに言ってみたら、以外にも好感触、笑。
ブーツを履いて、疑似坂道をのぼったり下りたりして、結局はそのまま購入の運びとなりました、あははは。
それも、私のとお揃いのワオナブーツ!

ついでに、アウトレットのトレッキングパンツを、溜まったモンベルポイントを使って、お財布に優しい買い物でゲットしました~!
うっしっしー。

お揃い私にしては珍しく、収納場所を考えないでの思いつき購入だったので、帰宅後まずはブーツ二足をしまう場所から考えなくちゃなりませんでしたが、それはそれは幸せな悩みでしたよ~♪
だって、これからぼっち登山を封印できるかもですもの~。

やっぱり、単独行は、どんな低山でも不安があります。
気心が知れてるKENと一緒に山に入れるなら、それが一番だと思って、、、。

バイクに乗るのに忙しくて、山に登る気なんてぜんぜんなかったKENですが、先日ある単独行の女性登山客が、九重の方で遭難しかかったというニュースを目にして、「こりゃいかん!」と思ったのかもしれません。
私の、古処山での「あわや遭難騒ぎ」もあったし、突然イノシシと遭遇するかもしれないしね~、ぼっち登山は危険と隣合わせ、笑。

ま、取りあえず、足慣らしがてら近場の低山(たぶん基山)で、山コーシーをご馳走しようと思っております、うししし。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

アーカイブ

カテゴリー