我が家のリビング先日RandKから、snowpeakの毛布が送られてきました。
ことの起こりはとっても大変な話しなんだけど、RandKのところのニャンコcocoちゃんが、ウールサッキングという病気だったのが分かったってところからです!

気が付いたら、大事な大事なsnow peakの毛布が穴だらけだったとか、、、。
R君、ショックだったろうね、きっと。
でもcocoちゃんは、ぜんぜん元気らしいから、それだけでもよかったよね~。

ってことで、送られてきた毛布がこちら↓↓↓。
あら~、本当に穴ぼこだらけ、、、。

穴ぼこだらけの毛布 穴ぼこだらけの毛布

これ、とっても良質なウールの厚手の毛布!
色味もデザインもおしゃれだし、こりゃ確かにもったいなさすぎで捨てられないわね~。
でもさ、この穴のところだけ避けて、別の何かに生かせれば、毛布だって本望でしょ?笑。
アタシのそういうところを知ってるkei、「ゆうりちゃんのいいようにして!使えなかったら捨てちゃってもいいよん。」って送ってきたのでした。
ここで、ヨッシャって、アタシの創作意欲に火がついた、うししし。

我が家のリビングには、KENが作ったどでかい一枚板テーブルと、これも廃材で作ったとベンチ大小をいくつか置いております。
このベンチども、夏はいいけど、冬は結構お尻が冷たい。
それと、私ちーと体が締まってお尻周りのお肉が薄くなったせいで、長い時間ベンチに座っていると、お尻が痛くなるのです。
そこで、市販のベンチクッションをいろいろと見ていたのですが、手作りなので、ベンチ自体の大きさがバラバラ、市販のクッションでは、帯に短し襷に流し、、、ってやつ。

リビングのベンチのカバーに、、、 リビングのベンチのカバーに、、、

で、お下がりに頂いた毛布をベンチのシートにしたってわけです。
一個一個サイズを測って、それぞれの大きさに合わせてカット。
毛布の作りが良質なので、端の始末は最小限で大丈夫!
ぼろぼろとほつれてきたりは、ほとんどしません。

snowpeakのタグいつもは二階でミシンがけをしているのですが、今回は、固定ひもの位置を決めるのに、いちいちベンチに当ててみなくてはならなかったため、ウンコラウンコラ、ミシンを階下まで運びました、汗。
その甲斐あって、結構オサレなベンチシートが出来上がりました。
紐も、手持ちのをあれこれ使ったので、よーくみるとバラバラなんだけど、そこはそれ、ね~、あははは。

毛布についていたタグも、ちゃーんとつけ直しましたよん。
最初からココに縫い付けてあったって風情でしょ?

keiに写真を送ったら、「VIVIたち、食べない~?」って心配してくれたけど、我が家のニャンコはグルメなので、私たちが食べるものは狙うけど、ウールは食べないみたい(グルメというよりも、食いしん坊、、、笑)。

でも、ひとつ問題が、猫たちがこのベンチシートを気に入ったために、毎日一回はコロコロで猫の毛を取らねばならん。。。
ま、そのくらいは我慢して、しばらくこのオサレなベンチシートを楽しみますっ!

あ、夏は外すことになるのかなぁ。。。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

アーカイブ

カテゴリー